ビジネスを拡大する前に知っておきたい資金サポートのこと

>

提出すべき書類とは

資金の動きがわかる書類

まずは自分の身分や、会社の経営者であることを証明できるように身分証明書を用意しましょう。
さらに会社の資金繰り表や、決算書も必要です。
資金繰り表や決算書があることで、これまでに何に資金を使っていたのか、またどのくらいの利益や支出があったのか把握できます。

支出が多くて、赤字経営になっていることが伝わると、審査を通過するのが難しくなると思う人が見られます。
しかしこれから大きな利益を得られる可能性があると伝われば審査を通過でき、資金を融資してもらえるので大丈夫です。
どんな情報でも、隠さないのがポイントです。
隠したり嘘をついたりすると、ばれた時にトラブルが発生してしまいます。
正直に説明することが、信頼されるコツだと覚えておきましょう。

事業の計画を伝えよう

計画性があることを伝えると、信頼してもらえます。
信頼を得るためにも事業計画書を提出してください。
これからどんな事業をするのか、そのためにどのくらいの資金が必要なのか記入することがポイントです。
しかしそれだけでは足りないので、これまでに行ってきた事業も伝えましょう。
実績があることを、金融機関に伝えられます。

書類は、丁寧に書いてください。
どんなに具体的で内容をぎっしり書いていた場合でも、字が汚いと伝わりません。
間違って金融機関に伝わる可能性があるので、綺麗な字で書きましょう。
また資金サポートを受ける時に提出する書類は、全て黒のボールペンで記入します。
他の筆記用具や、消しゴムで消えるボールペンは公式文書には使えないことがほとんどです。