この記事をシェアする

レンタルスペースにはこんな種類がある

個人経営のレンタルスペース

レンタルスペースの種類は、大きく分けて二種類になります。

一つ目は、個人が経営しているパターンです。
レンタルスペースが始まったときに多かったケースですね。
今でも見ることがありますね。

ところで個人経営のレンタルスペースはどんなところなんでしょうか?
実は、ほとんどのレンタルスペースは、自宅の一部や改修工事を行った古い物件や空き家が開かれています。
そういった背景があるので、雰囲気自体も非常にあったかい印象です。
なので、こじんまりとしたパーティーや女子会、そしてお泊り会に向いてます。
ただし、やはり古い家を利用していたり一般的な家の一部なので、ホテルのような豪華な設備ではないようなので、そこはあまり期待しない方がいいでしょう。

会社が運営するレンタルスペース

もう一つは、会社が運営しているレンタルスペースですね。

大きな会社が経営の一つとして、レンタルスペースを個人や業者に貸し出しているというパターンですね。
こういったケースのレンタルスペースは、大体がビルの一室を提供していることが多いです。
もしくは、最初からレンタルスペース用に場所を作っておいて、そこを貸し出しているという状況ですね。

このタイプのレンタルスペースの長所は、大人数でも利用が可能ということですね。
なので、どうしても人数が集まってしまう会議や研修にはうってつけのですね。
また、やはり大きな会社が経営しているのもあって、スタッフのサービスも親切です。

ただし、その分お値段は割高になりますので、ご注意ください。